Recipe,  What's New!,  肉料理

【本場の人も納得ver.2♪】我が家のエビ餃子

北海道住まい♪自営業一児の母。

身近な素材や調味料を使ってシンプルに、頑張り過ぎない〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットーです。

【どんなキッチンでも作りやすく、ちょっぴり手を抜きつつ基本をおさえたジャンルを問わないレシピ】がメインにご紹介しています。

ネクストフーディスト

  

【本場の人も納得♪我が家のチンジャオロース】 に続いて、

こちらも中国人のお友達にレシピを聞かれたちょっぴり自慢のエビ餃子です。

包み方も簡単なので小さなお子様と一緒にも作りやすいですよ♪

【本場の人も納得ver.2♪】我が家のエビ餃子 (調理時間:25分) 

  

《材料:3人分(大きめ餃子の皮18〜20個分)》

むきエビ160g
豚ひき肉120g
長ねぎ1本(60g)
☆にんにくすりおろし小さじ1
☆生姜すりおろし小さじ2
☆醤油小さじ1
☆ウェイパーまたは鶏がらスープの素小さじ1/2
★酒小さじ2
★塩ふたつまみ
コショー適量
餃子の皮(大きめ)20枚
お湯適量
ごま油大さじ1

《下準備》

・むきエビは、粗めに刻んでポリ袋またはボウルに入れ★をまぶします。

・にんにく・生姜はそれぞれ皮をむきすりおろし☆を合わせます。

・長ねぎは白い部分を使用しみじん切りにします。

  

《作り方》

  

① 下準備した材料とコショーを、エビのポリ袋またまボウルに入れて粘りが出るまでよく混ぜ合わせます。

② 餃子の皮(大きめ)を並べ中央に1をのせ、皮の周りに水を塗って半円型に包みます。

※包み方は、通常の餃子と同じでも構いませんが、この包み方の方がお子様とも作りやすいですよ。

③ 半円になった両端に水をつけ止めるように包みます。

ピント合ってないけどっ!←多分わかってもらえると思って載せます(*´꒳`*)

  

④ フライパンを中火にかけ全体にしっかりと熱し、分量外の油大さじ1と餃子を並べ入れます。底にきつね色の焼き目がついたら、餃子の高さの1/3までお湯を入れ、蓋をして水分がなくなるまで焼きます。

  

完成〜〜〜♪

  

【合わせたメニューのレシピはこちら】

ふんわり卵と牛肉トマトのほんのりガーリック炒め

定番やみつきおかず・鶏肉とれんこんとピーマンのオイスター炒め の味付けを使用しています。

Copyright © 2017 Mari Okuyama All Rights Reserved.

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。