Other,  Recipe,  What's New!,  肉料理

おうちでアメリカンBBQ気分♪旨味スパイスであと味さっぱり『やわらかスペアリブ』

  

あれも食べたい これも食べたい〜!

ここも行きたいし あの国にも行きたい!!

最初はそんな会話も多かった・・・

もともとのんびり家で過ごすのが多かったのにw爆

『北海道といえば、暖かそうな日を選んでBBQ、

それでも寒くて車庫にこもってBBQなんてこともあったね。』

・・・って、今では懐かしい話。

塩とコショーに気分に合わせてスパイスがあれば、

毎回同じ素材でも飽きないスパイスに救われた夏♪

そして迎えた長袖シーズン💦

お外で焼くには寒い。

アメリカまで行くどころか、東京にすらいけない世の中。。。そもそもアメリカにぷらっとなんて行けないw

アメリカンなあの子を欲して、アメリカンレストランに電話しても

臨時休業中。。。

諦め悪いから作るよ〜〜〜〜!!

漬け込み1時間。

オーブン放置2時間+20分。

お買い物へ行ってその日のうちに

フォークで突いただけでほぐれちゃうスペアリブが完成しちゃう♪

スペアリブ=ヘビーというよりも、見た目の茶色さとは裏腹にスパイスたっぷりで口に入れるとスパイスの香りがふわっと香る あと味さっぱりver.

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚

  

【旨味スパイスであと味さっぱり『やわらかスペアリブ』】

【材料:オーブン天板1枚分】

スペアリブ 1.2kg(5本)
a. 塩4.5g
a. 砂糖大さじ1
a. はちみつ大さじ1
a. GABANパプリカパウダー2g
a. GABANオールスパイス1.5g
a. GABANコリアンダー1g
GABANグリルマスタードブレンド適量
b. ウスターソース大さじ2
b.トマトジュース大さじ2
b. 醤油小さじ1
b. はちみつ大さじ1
【旨味スパイスの『やわらかスペアリブ』】材料

  

【作り方】

1. スペアリブに下味を付ける

二重にしたポリ袋にaを合わせてスペアリブを入れ満遍なくまぶし、室温に1時間置きます。

2. スペアリブを低音のオーブンでじっくり焼き上げる

スペアリブがしっかりと入る耐熱容器にオーブンシートを敷き、漬け込んだスペアリブを並べます。

並べた際に、GABANグリルマスタードブレンドを両面に振り、ホイルをしっかりと被せてオーブンに入れ150度にセットして2時間焼きます。

■オーブンは予熱せずに使用します。

■漬け込んでいたタレは、後で使用するので取っておきます。

  

3. タレを塗り仕上げる

b.と漬け込んだタレを小鍋や小さめのフライパンに入れ、弱火でとろみが付くまで混ぜながら煮詰めます。オーブンから一度スペアリブを取り出して、オーブン200度に予熱スタート

煮詰めたタレを、刷毛を使って満遍なく塗り200度のオーブンで20分。なるべく骨が下になるように並べて焼き上げます。

■タレを塗る前の状態でやわらかいので、崩れないように優しく扱ってください♪

■仕上げのタレは甘めです。お好みで甘みを加減してください。

4. 完成!

ポテトを添えてどうぞ〜♪

文字で見るより作った方が簡単

一番の難関は、スペアリブ探しだったのは北海道特有???

このスペアリブが作りたいためだけに、スーパー3件はしごしました(笑)

ハロウィンもクリスマスもあるし(気が早いけどw)、ぜひお試しを♪

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚

「ハウス食品×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加しています✨

たくさんのレシピはこちらから⬇️

世界のスパイスごはんレシピ
世界のスパイスごはんレシピ  スパイスレシピ検索

  

スパイスは、ハウス食品さんから頂いたGABANシリーズを使用しています✨

統一感あるボトルが並ぶだけで、キッチンに立つのが楽しくなるし、何かと使いたくなる✨

今回使用したスパイスは、辛さよりも風味メイン。普段のお料理にも揃えておくのがおすすめですよ✨

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。