Blog,  Other,  Recipe,  What's New!,  肉料理

PCR検査と「簡単美味♡鶏竜田のピエトロオニオン煮」

毎日コロナのニュースに釘つけな日々。

あれもダメ。これもダメ。……そう言われると、悩んだり愚痴も出てしまうのもわかる!

けどね……

   

悩んだり文句の言えるうちは、元気で幸せな証♡

  

本当に忙しかったり困ったりすると、思考回路すら停止💦

大切な誰かに会えないまま亡くなっても言葉を失うはず。

防げるものはできる限り防げた方がいいのかな……って、個人的に思います☆

 ゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚゚*.。.

そんな私も、3週間微熱が続き先日PCR検査を受けたひとり。。。

濃厚接触者も海外渡航歴もないので、3週間検査できずと言うのが本音です💦

抗がん剤治療後の定期検診予定も微熱のため延期。最寄りのかかりつけ内科も大学病院も微熱で受診はできれば避けて欲しそうな電話対応。←お気持ち察します!!!現場は大変☆

結果は、陰性。

【検査の運び(私の場合)】

 ・行く前に車番を伝え、救急入口前で警備員さんがわかるようになっています。

・看護師さんのお迎えがあるまで車内で待機して、救急入口から入ってすぐの物置的な場所へ。

・お医者さんが来て、コロナを含む5つの感染症検査と採血。

・移動式のレントゲン機器が運ばれてきてレントゲン撮影。

・30分間、血液検査の結果を待ち診療費は検査結果が出てからとのことでその日は帰宅。

・結果が出た翌日まで、同居者を含めて自宅待機。

検査を受ける前に、電話で言われたのが 

「万が一、陽性の場合は即入院していただきますがいいですか?」

YESと即答!

ただ、この質問……お断りしたくなる人も多いのかも?と感じます。もし聞かれたら、ぜひYESと言ってほしい。

たとえ自分は大丈夫でも、大切な人を失う可能性もあるから!!!

   

いろんな情報は多々出ていますが、検査の詳しい運びはわからずなことも多いので、あえて、書いてみました。

病院や地域などによっては、多少の違いがあるかもしれません。

ただ思うのは、みんながみんな、微熱や風邪を引くって普通に考えてあり得ないw。もしかして???と検査を受けれなくても引きこもる覚悟も必要かなと。←これもまた、個人的見解です😌

     

  

 

゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚゚*.。.*゚*

  

3週間、お買い物は父子頼り。加えて、味付けもおいしい調味料頼みが多かった手抜き万歳状態♡

  

手抜きでもおいしさ保障付き!15分あればできるレシピです♪

【材料・3人分】調理時間:15分

鶏肉(むね・もも・手羽など)350g
片栗粉大さじ3
☆酒大さじ2
☆玉ねぎすりおろし1個
☆ピエトロドレッシング100ml

【作り方】

1. 鶏肉は、お好みのものを食べやすい大きさに切り片栗粉をまぶします。フライパンに分量外の油大さじ2を中火で熱し鶏肉を入れて4〜5分、途中返しながら表面がきつね色になるまでじっくりと揚げ焼きにします。

    

2. 出てきた油を、キッチンペーパーで取ります。

  

3. ☆を上からかけるように入れ、蓋をして弱火で4分蒸し焼きにして、蓋を開けて中火で水分を飛ばすように味をからませてできあがり。

《 Point!》

■鶏もも肉や胸肉は大きめのまま仕上げてもおすすめです。

■皮面からじっくりと揚げ焼きにして返します。

■☆は、初めてに合わせておくとベストです♪

鶏肉を使った単品で野菜も取れるひと品は、こちらにもご紹介しています

お酒もご飯もすすむ!「甘辛チキン竜田のおろしぽん酢浸し」
たっぷりのおろしポン酢と相性抜群!お酒もご飯もすすむひと品です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。